読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はらなか家の日記帳

子育て・仕事・日々の暮らしのことやシンプルライフをのんびり語っていきたいです。

ライフオーガナイズの利き脳について

まこさんです。

先日、ライフオーガナイザー講座について
記事にしましたが、まだまだ語りたいことがありましたので再度記事にしました。

皆さま「利き脳」って知っていますか?

私は、ライフオーガナイザーの方のサイトを拝見して
なんとなく知ってはいました。

しかし、詳しくは理解していなかったので、今回の講座で勉強できてとても良かったです!

そのお陰で、今まで本やサイトを参考にして実施していた収納方法や
整理術がしっくりいかない理由が解りましたc(>_<。)シ*


ちなみに私の利き脳は、「左左脳」です。

「左左脳」は、真面目なコツコツ型。
物事を細かく考えるのが得意で、片づけにいちばん向いているタイプ。
このタイプの人は、合理性を追及するあまり、本当は必要なものまで捨て
しまい、あとで買い直すハメになる場合も。
↑あるある過ぎるんですが。。。(;´∀`)

また空間管理が苦手で、大きなスペースを有効活用するのが不得意だ。

私は、きっちりと型にあてはめる収納。
仕切りでしっかり分けて収納したり、
ラベリングをして収納すると有効らしいようです。

そして、パパの利き脳は、「左右脳」。

「左右脳」は、独自の基準を持った人が多く、発想や行動も個性的。
このタイプの人は、難しく考えてしまい、なかなか片づけが進まない。
モノへのこだわりが強く、優先順位をつけにくいので収納の仕方を決めることができず、片づけを始められない。

要は、「頭では分かっているのに、なかなか行動に移せないタイプ」です。
また、興味のないモノはしまいこむと忘れてしまう傾向がある。

パパは、自分らしさを追求する個性派で、自分だけの「マイルール」を持っていて、
自分が納得していれば周囲からどのように見られてもあまり気にしないタイプです。

なので、ざっくりとした収納や吊り下げ収納が有効らしいです。

もう、ほぼ当たっています。

こんな二人だから、片づけ方が一緒で良い訳がありません。

そう考えるとパパが主に使う場所は、パパに合わせた片づけが必要で
私が主に使う場所は、私に合わせた片づけが必要となります。

必然的に、家事関連は私に合わせたほうが私は使いやすいけど、パパには使いづらいと言える訳で、
パパが手伝いを積極的にしてくれない理由も解ってきました。。。orz

また、パパの収納場所を私が好きなように片づけると、パパがその通り
に片づけてくれない理由も判明しました。

(ちなみに子供の利き脳は、小学生ぐらいから判明してくるようです)

なので、お片づけをする際には、それぞれの「利き脳」を意識して
作業をしていくとその後の継続率にも繋がるとの事です。

我が家のキレイな状態を保ちたいのであれば、
今の収納方法を変えていかなくてはいけないようです。。。( ノД`)…

でも、どういう片づけをしたらキレイが保てるかが解ったので、
上記を踏まえつつ今後も部屋の片づけをしていきたいと思いますc(>_<。)シ*


片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方

片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方

講座の際に使用したテキストです。
利き脳は、上記以外にも「右右脳」・「右左脳」の2タイプがあります。

テキストに「利き脳」についての判別の仕方やそれぞれについての説明があります。

よろしかったら参考にしてみてください!


ランキング参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします。m(__)m




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村